バーチャルバンジーで “あの恐怖”を楽しむ!

あのバンジージャンプがVRで体験できちゃう装置があることをご存知ですか?イベント会場や商業施設など「どこでも」持ち運んで設営が可能な移動式VRアトラクション「どこでもバンジーVR」がこの程公開に。東京都庁(地上243m)からのバンジージャンプというVRならではのシチュエーションで圧倒的な恐怖や没入感を気軽に体験できる、新しいエンターテイメントの登場です。

VRゴーグルを装着すると広がる、都庁からの景色に恐怖も倍増。

池袋サンシャインシティで開催されたリリースイベントで実際に体験!

今回は「どこでもバンジーVR」をACTIS読者エディターさんに体験していただきました。実際に台からジャンプするので、まずはハーネスなど安全装置とVRゴーグルを装着して、指定の場所に立ちます。この時点で既に地上243mの景色がゴーグルの中に広がり、圧倒的な臨場感とのこと。手を上げてスタッフさんの「バンジー!」の掛け声と共に前へ倒れると、高層ビルから飛び降りる大迫力のVR映像と共に、下からの風やワイヤーが引っ張られて跳ねる感覚があり、本当に都庁からバンジージャンプをしているようなリアルな没入感が得られます。体験した人たちからも「キャー」という悲鳴が上がっていました。

装置下に設置された送風機からの強風を浴びながらのダイブがリアル!

株式会社ロジリシティ 企画開発
イベントなどで貸出設置して楽しんでもらう。
体験したい方はWEBをチェック!
http://logilicity.com/

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。