トムセン陽子の「Love Whisky?」 vol.006

冬の家飲みに、ちょっと贅沢なホットウイスキーを嗜む

寒さがだんだん厳しくなるこの頃、温かい飲み物でほっと一息つきたくなりますよね。ワインや焼酎と同じく、ウイスキーもお湯割で楽しめるんです。いわゆる「ホットウイスキー」。
割るウイスキーは、お好みで・・・ですが、せっかくなのでこちらも冬らしく、こんな銘柄はいかがでしょう。「マックルフラッガ “Over Wintered”」。スコットランドでもっとも蒸留所がひしめき合うエリア「スペイサイド」で原酒を熟成させた後、英国最北端のシェットランド諸島に運んで “Over Wintered”=「越冬」させたもの。12ヶ月の間、寒さの厳しい島で過ごしたという、そのストーリーに酔いしれながらホットウイスキーで飲む・・・うーん、冬の家飲みとしては最高に理想的。もっとも、なかなかお目にかかることがない代物なので、個人的にはお湯で割らず、ストレートでいただきますが(笑)。

↑越冬ウイスキー。寒いところは熟成がゆっくり進むので、よりフルーティで甘みのあるウイスキーになるんだとか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。