トムセン陽子の「Love Whisky?」 vol.004

ウイスキーファン垂涎の隠れ家バーで、スペイサイドモルトに酔いしれる夜

先日、前から一度訪れてみたかった神戸のバー「Main Malt」ヘ。

地下にあるお店の扉を開けると、年代物のウイスキーボトルがこれでもかというほど並べられ、その光景は、「圧巻」の一言。

そんな数えきれないウイスキーボトルに囲まれながら今回いただいた1杯が、

スペイサイドモルトの「オスロスク1994」。

スペイサイドとは、スコットランド北東部にある、ウイスキーの蒸留所が密集しているエリアのこと。

アイラ島と並びウイスキーの聖地と呼ばれている場所で、スコッチの中で最も華やか&バランスに優れたウイスキーが揃っていることで有名。

フルーティーな香り、カラメルのような甘い口当たり、後味は割とすっきり。

とにかくとっても飲みやすくて、思わず「おいしい…」と1人呟いてしまう始末(笑)。

今回いただいた「オスロスク1994」は少々マニアックですが、スペイサイドモルトはバーには必ず置いてあるので、

最初の1杯を迷ったら、「マスター、『スペイサイド』でおすすめを。」とオーダーしてみるのもいいかも!


↑ウイスキーファンにはたまらない神戸のモルトバー。


↑気さくなマスターにおすすめしてもらったスペイサイドモルト。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。