豆と音の「コーヒーのある生活」 vol.001

こだわってCoffeeをセレクトする、というお洒落。
Coffeeをもっと楽しめるコツを毎回お届けします。

Coffeeを購入する時、アナタは何にこだわりますか?

これまであまりこだわりを持たずにコーヒーを選んできたけれど、もっと美味しいコーヒーを飲んでみたい。

そんな方への最初のアドバイス。
コーヒーは、国で選ばず焙煎度(焼き加減)で選ぶと、自分がイメージするものに近い一杯を飲むことができます。

豆は焼けば焼くほど産地特性は薄れますが、アロマや甘みを感じられる。逆に浅く焼いた豆は産地特性が強く残り、果物であるコーヒー豆のフルーティーさやスッキリとした酸味を味わえるのです。

そんな「産地特性」を感じる為にぜひ試してもらいたいことは、同じ様な色の豆(焙煎度)を、産地の違う二種類で飲み比べること。産地特性が薄れるはずの深煎りの豆であっても、全く異なる香りと味に出逢えるはず。

良く考えてみれば、それは当たり前。ケニアとブラジルで育った豆のコーヒーが同じ味なはずはないのですから。
これがコーヒーの面白さを知る第一歩です。

「Coffeeのある生活」、春だから、はじめてみませんか?

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。